秋田 夏 ①-2018

記事一覧 > 秋田 夏 ①-2018

こんにちは。猛暑の日々が続いておりますが皆さんいかがお過ごしでしょうか。


僕は今週日曜日の秋田室内合奏団第42回定期演奏会のため、本日より地元秋田に行ってきます。避暑と言いたいところですが、天気予報を見ると秋田も暑そうです^^;


秋田室内合奏団は僕が小さい頃からお世話になっている地元の先生方や友達のいるオケで、今回チャイコの弦セレなどを演奏します。

指揮はスロバキア室内オーケストラ芸術監督でヴァイオリニストのエバルト・ダネル氏による弾き振り。ダネル氏はこれまで何度も秋田にいらしていて、僕も上京するまでの間何度も客席から演奏を聴いていました。今回初めて同じステージに立ち、その音楽を直に感じられるのが今からとても楽しみです。


ダネル氏の素敵な音楽と秋田の美味しいお酒を堪能してきます。


森 義丸

次の記事
台風12号
現在の記事
秋田 夏 ①-2018
前の記事
NHKホール

森義丸 on 7月 20, 2018


著者の最新記事

21世紀オーケストラニュース


募金
クラウドファンディングの目的

チャリティコンサートの開催、そして義援金をお届けするためにメンバー(オーケストラの中から代表2名と株式会社究音代表の計3名)が現地に出向くための一部経費「10万円」を目標といたします。


以降余剰分をすべて義援金として寄付します。集まったすべてのお気持ちを倉敷市の復興のために使わせていただきます。


倉敷市募金活動実績と今後の予定

2018年9月28日

・21st Century Orchestra Tokyo 特別公演「吹奏楽曲をオーケストラで!」ロビーコンサートにてチャリティー演奏と義援金呼びかけの実施

※37,980円の義援金を集めることができました。ご協力誠にありがとうございました。


2018年11月9日

・21st Century Orchestra Tokyo 特別記念定期演奏会「ベートーヴェンの幻影の果てに」

ロビーコンサートにてチャリティー演奏と義援金呼びかけの実施


2018年12月

・岡山県備中高梁市内ショッピングモールでのチャリティー演奏と義援金呼びかけの実施

・倉敷市に21st Century Orchestra Tokyoメンバー、株式会社究音代表池之上が直接出向き倉敷市内の音楽家と共催で真備町の復興を祈るチャリティーコンサートを実施

・すべての活動を通して集まった義援金を倉敷市に直接お届けします。

- of 0

コメント

コメントするにはログインしてください。