ごちそうさま。

記事一覧 > ごちそうさま。

この度……。



私、井川知海は



誕生日を迎えました。


18歳と96か月になりました。

うん。何時までも若々しくいる事は良いことです。


本日もどうぞ、ゆるりとお付き合いくださいませ。


今日は地元のフランス料理店でディナーを洒落込んできました。生憎の雷雨でしたが……。

ホタテの何とか仕立て


何とかハムの盛り合わせ


何とか鯛と竹炭の何か


牛と軍鶏と猪肉を使った何か



でした。(笑)

フランスの名前で説明されると、もう本当に覚えられません。

さて、皆さんは私が「何か」を何回使ったか覚えていますか?

つまり、そういう事なのですよ。(笑)



ところで、ヨーロッパの料理というのは、色合いも美しくて、見立てもまるで生きているようだと思いませんか?

綺麗な顔してるだろう。死んでるんだぜ。それ。


僕達は、日々命を頂く事で、命を繋いで生きています。

言い方は変になってしますけど、料理っていうのは、

一度、死んでしまった命を、再び生きている様に飾り魅せる芸術、だと思うんです。


凄く音楽と似ているなあ、と私は思います。

一つ一つの音は、ただの音、つまり、死んでいる音です。でもそれらが、奇跡的に集まると、それは生きている音楽になります。

その音楽を生かすも、殺すも、音楽家、作曲家次第。


そして、音楽を聴いてくださる皆様次第でもあります。


とはいえ、生きるの死ぬのなんて、考え続けて生きるなんて、無理です無理!

それをやるのは芸術のプロのお仕事。

皆様には、時々思い出していただいて、敬意をもって、ゆっくり味わってもらうのが一番です。

それがプロとしての「生きる」喜びに繋がるのですから。



メロンと杏仁豆腐のデザート。


何故か、デザートは、はっきりと覚えている。


ごちそうさまでした。

本日はここまで。最後までお読み頂きありがとうございました。


井川知海

次の記事
-
現在の記事
ごちそうさま。

井川知海 on 9月 01, 2018


著者の最新記事

21世紀オーケストラのオススメ


吹オケ
吹奏楽をオーケストラで!

9月28日(金)杉並公会堂


吹奏楽という柔軟な音楽スタイルをオーケストラサウンドにアレンジし、親しみやすさと新鮮さを兼ね備えた、新・企・画!「吹奏楽をオーケストラで」


単なる若者オーケストラと侮ることなかれ!積み重ねた努力、そして柔軟で考え抜かれたアイデアが、あなたを、そして一緒に来た人を感動の渦に巻き込みます。


・家族で来ればお子様が退屈することはナイでしょう!

・友達と来ればその日の話題に事欠くことはありません!

・カップルならデートにもおすすめ。イイことあるかも!


幅広い若手プロフェッショナルによる、全く新しいオーケストラサウンドの体験は以下のボタンよりお申込みください

LINE@登録募集中

LINE@限定のおトクな情報を配信しています!

ご登録は下のQRコードからどうぞ!(PCの場合はクリックで飛べます!)

QRコード

- of 0

コメント

コメントするにはログインしてください。