フルートとストレッチ

記事一覧 > フルートとストレッチ

おはようございます😃

今日初めて投稿フォームからブログを投稿します!(前回までは試運転の仮フォームから行ってました)

このブログは21世紀オケが業務提携している株式会社究音のスーパーエキスパートエンジニアの加藤さんという方がプログラミングしてくださったのですが、本当に素晴らしいんですよ!(後で機械音痴じゃない人に説明してもらおう)




さて、今回のブログは前回に引き続き体関係でフルートとストレッチについて書こうと思います!


私自身、10代までは楽器の練習前のストレッチなんて時間の無駄って思っていたくらいひどく不健康な練習を行っていたのですが、本当に大切なことでした。実は。


大学在学中から現在も、演奏と身体の関係について手探りながらいろいろ勉強していますが、すごく為になる考え方としては、骨や関節同士の関わり合いとそれが影響を及ぼす楽器の各パフォーマンスの相互的な関係です。これは人体模型を見れば一目瞭然なことではあるのですが、なかなか「楽器の練習」をしていると盲点になってしまっていました。


大雑把にしか言えませんが、鎖骨を通して肩甲骨から先の腕の骨や組織と、胸骨・肋骨などの呼吸に影響する組織とがダイレクトに作用し合っていることから、リラックスや緊張も各所のパフォーマンスに相互作用します。だからこそ、大元の関節の可動域を広げたり、リラックスさせたりするストレッチが重要なのですね。

よく「息をちゃんと入れれば指もまわる」みたいな言い回しを聞きますが、この理論に基づくとあながち嘘ではないということがわかります。


私自身も、演奏パフォーマンスを上げる為の日々の積み重ねとして、また人を教える時にも体全体でうまくバランスをとりながらフルートを楽しく吹けるようにと試行錯誤していますが、シンプルでありながらも難しいことだと思っています。

フルートだけではなくピアニストのパフォーマンスや、スポーツ理論など色々なものと繋がっていて、まだまだまだまだ知りたいことや自分で考えて落とし込みたいことが沢山あります…!



さて、長くなりましたが、次回は楽器そのものにフォーカスして何か書いてみようかと思いますので是非読んでいただけたら嬉しいです😃



●佐々木華のwebページはこちら

●佐々木華 ドルチェ・クラシックチャンネル様での音源ダウンロードはこちら


投稿者:佐々木華 on 8月 04, 2018


21世紀オーケストラのオススメ


吹オケ
吹奏楽をオーケストラで!

9月28日(金)杉並公会堂


吹奏楽という柔軟な音楽スタイルをオーケストラサウンドにアレンジし、親しみやすさと新鮮さを兼ね備えた、新・企・画!「吹奏楽をオーケストラで」


単なる若者オーケストラと侮ることなかれ!積み重ねた努力、そして柔軟で考え抜かれたアイデアが、あなたを、そして一緒に来た人を感動の渦に巻き込みます。


・家族で来ればお子様が退屈することはナイでしょう!

・友達と来ればその日の話題に事欠くことはありません!

・カップルならデートにもおすすめ。イイことあるかも!


幅広い若手プロフェッショナルによる、全く新しいオーケストラサウンドの体験は以下のボタンよりお申込みください

LINE@登録募集中

LINE@限定のおトクな情報を配信しています!

ご登録は下のQRコードからどうぞ!(PCの場合はクリックで飛べます!)

QRコード

- of 0

コメント

コメントするにはログインしてください。