目指せ!「食っていける」オーケストラ!③

記事一覧 > 目指せ!「食っていける」オーケストラ!③



「食っていける」オーケストラを目指すにあたって何が必要なのか、何を大切にすべきか、メンバーともよく話します。その内容をさらっとご共有。



◆クラシックというジャンルとは◆



日本で「クラシック」と呼ばれている音楽ジャンルはワールドワイドで「Classical/クラシカル」と呼ばれています。

オーケストラが主に取り扱うその「Classical/クラシカル」というジャンルに置ける一般的な定義(そもそもいろんな考えの人がいたり定義なんて無いような気もするんですが無理やり)を考えると、


「18世紀~20世紀初頭あたりに作られた西洋音楽」


になるんでしょうか。


昔、音楽は使い捨てるもので、演奏されるのは新作のみ(公演が終わればもうその音楽の役割は終わり)だったそうです。

それがロマン派時代(約1800年〜、シューベルト達が主な作曲家としていた時代です。)に、過去の作品も演奏する価値あるのでは、、、という考えが起こり、使い終わった楽譜の掘り起こしが始まりました。

その時、新作と区別するために誕生したのが「クラシカル」という言葉だそうです。


ちなみに言葉本来が持つ意味やニュアンスとしては


「Classical/クラシカル」:古典、100年単位での過去の作品を指す

「Classic/クラシック」:名作・素晴らしい作品、10年・20年単位での過去の良い作品を指す


日本ではこの両方が混ざって「クラシック」という言葉に落ち着いている印象があります。



それらを踏まえて考えて


「一定以上過去に作られた作品」


というニュアンスは間違いなく大きな要素として提示できそうです。



さて、これを考えてどうするのか、

「一定以上過去に作られた作品」を演奏する「Classical/クラシカル」というジャンルの良し悪しや、

それがオーケストラをコンテンツとして売っていく自分達の都合にどう関わってくるのか、

次の機会にお話しさせていただければと思います。

次の記事
-
現在の記事
目指せ!「食っていける」オーケストラ!③

池之上覚皇 on 9月 08, 2018


著者の最新記事

21世紀オーケストラのオススメ


吹オケ
吹奏楽をオーケストラで!

9月28日(金)杉並公会堂


吹奏楽という柔軟な音楽スタイルをオーケストラサウンドにアレンジし、親しみやすさと新鮮さを兼ね備えた、新・企・画!「吹奏楽をオーケストラで」


単なる若者オーケストラと侮ることなかれ!積み重ねた努力、そして柔軟で考え抜かれたアイデアが、あなたを、そして一緒に来た人を感動の渦に巻き込みます。


・家族で来ればお子様が退屈することはナイでしょう!

・友達と来ればその日の話題に事欠くことはありません!

・カップルならデートにもおすすめ。イイことあるかも!


幅広い若手プロフェッショナルによる、全く新しいオーケストラサウンドの体験は以下のボタンよりお申込みください

LINE@登録募集中

LINE@限定のおトクな情報を配信しています!

ご登録は下のQRコードからどうぞ!(PCの場合はクリックで飛べます!)

QRコード

- of 0

コメント

コメントするにはログインしてください。